金型製作、製品開発なら愛知県安城市にある有限会社三矢工業

有限会社三矢工業

ADVANTAGE

三矢工業の強み

HOME > 三矢工業の強み

高レベルな加工技術を求めて、様々なノウハウへのトライ

当社は、常に『高精度・短納期・高付加価値』なものづくりを追求することをモットーにダイカスト型スライドコアやプレス型部品、樹脂型部品などの様々な金型の部品加工を行っています。
また、長年の3次元CAD・CAMによるノウハウを生かして、高効率の加工段取で短納期にも対応。
長年の金型部品製造技術を蓄積し、商品を理解した上での高精度部品加工を得意としています。
横マシニングを生かしたチルト加工や多方向加工を一括で加工する段取構想による工数削減、放電加工を活かした深彫加工、複雑な形状部品加工にも積極的に取り組んでいます。

三矢の3つ強み

QUALITY高制度1

専門エンジニア+最新設備の導入により高精度加工と効率化を実現

製品を作成する中でマシニングでの加工分野はガンドリルも含めて社内一貫体制で実施。
さまざまなノウハウを駆使し、自動車部品の金型部品から専用機の治工具に至るまで幅広い経験と実績がございます。
最新鋭機器を導入することで工数を減らしつつ、加工精度・品質の向上に取り組んでいます。
製品精度に問題が出た場合は仕組みを検討・修正して、不良品を作成しない、流出させないよう未然に防ぐ取り組みを行い、品質のさらなる向上にも努めています。

PROPOSAL提案力2

横マシニングが充実していて難切削案件や短納期にも対応可能

630角の横マシニングが3台あることが当社の大きな強みです。当社がお客様から依頼される部品は立マシニングではストローク・段取の問題で加工できないような物が多いです。
しかし三矢工業は横マシニングの台数が多いので仕事量や納期にも対応可能です。
タッチセンサーによる機械上測定で寸法保証を行なった後で、次工程に流すので精度は非常に高いと自負しております。
加工品の生産効率と内製化率が高いので短納期にも自信があります。
他社が困ってしまうような段取が必要な物も、三矢であれば幅広く対応が可能です。

GOOD PARTNER誠実3

人間力で築き上げる高品質な金型部品

コンピューターによる金型部品製作が可能となった現在、長年培ってきた豊富なノウハウを基に作業する人が合理的かつ廉価的な作成を心がけています。
最新機器と人の技術を融合することで高レベルな金型づくりを目指す。それが三矢工業です。
ミクロン単位の加工を要する金型部品を作るには、高機能な機器を導入するだけではなく、ふとした発想力や絶対に諦めないという忍耐力が不可欠です。
当社が誇る加工の技術だからこそ、社員の持つ人間力を強みとして、これからも高度な製品作りに取り組みます。

多くの企業様とお取引できる理由私たちの魅力

様々なご要望に柔軟に対応

いついかなるお客様のニーズにもお応えする為には、「モノ」と「ヒト」の手配をどこまでできるかが、非常に重要なポイントです。
特に労働力が不足するこれからの日本では、臨機応変に対応できる人員を保持していることが重要となります。
社内外のネットワーク力、確かな施工技術力、圧倒的な提案力に力を入れながら、この先もお客様の多様なニーズにお応えし続けます。

高い生産性と精度をかなえる設備群

横マシニングを活用した段取やチルト加工による工数削減や放電加工を活かした深彫加工を得意としております。
生産管理ソフト「ドクター工程」を活用する事で、加工可否判断や納期にも迅速に対応します。
また省力化・自動化を推進する為に治具を充実させて、加工がスムーズになるようにしています。
加工品の生産効率と内製化率が高いので短納期に自信があります。

高性能と高品質を保証する体制
  次世代製品を見据えた新しい取り組み

新しい取り組みとして開始しているのが、検査結果による仕組みの改善です。
キーエンスの三次元測定機を購入した事で、精度が出ない真因は何なのかを徹底的に改善しています。
問題ある場合はメーカーによる機械の精度チェックなどを行ない、調整等などをして精度にはこだわりを持って取り組んでいます。
金属の熱による変形を抑える為に、24時間空調とクーラントクーラーを導入する事でワンランク上の精度を実現しています。

ENTRYエントリー

経験はここで積めばいい。

採用に当たって専攻や学んできた分野は一切、問いません。
製造の世界はまったく分からない、工場に足を踏み入れたことすらない。
日本のモノづくりを支える仕事に興味をお持ちなら
その醍醐味を、ぜひ味わってほしいと願っています。

ご応募はこちらから

お問い合わせCONTACT

製品についてのご質問・ご相談、その他に関する事などは
下記フォーム又はお電話より、お気軽にお問い合わせ下さい。